// 条件1に該当しない場合の処理

2017年 6月 の投稿一覧

色々なコップ出来ました④

先日の日曜日、たくさんのお客様が吹きガラスを楽しみながらコップを制作されました。
素敵なグラスの数々をご紹介します。

仲良しご夫妻のペアグラスです。揃えたかのようにサイズがそっくりに完成しました。
お二人のいい雰囲気がそのままグラスに反映されています。
 

こちらは若いカップルのグラスです。
彼氏さんは爽やかな新色のブルーにほんの少し黒を付けました。墨を流したようなマーブル模様になりました。
彼女さんはブルーと檸檬色、2色が重なったところが茶色に変化しましたが、大人っぽいグラスになりました。逆三角形の特徴的な形が難しかったけれど、頑張って作られました。
 

中学3年生のおんなのこ作のポップな水玉模様のグラスです。ビタミンカラーで元気なコップになりました!

 

仲良し大人女子のお姉さま2人組のグラスです。
工房へ来る前に、どんな色合いのグラスにしようか、あれこれ考えてみえたとおっしゃっていました。
ワクワクが詰まった素敵なグラスが完成しましたね。
サイン入れもどんな感じに入れようか、楽しみに考えて、いらっしゃってくださいね。  

 

人の個性と同じように、みなさんが作ったグラスはさまざまな色やかたちで生まれてきます。
毎回出来上がりを見るのが楽しいです。

自分で作ったグラス、毎日使ってくださいね。きっと日常が少し楽しくなると思いますよ。

 

新登場!「スペシャルハンコ作り体験」

今日は「スペシャルハンコ作り体験」のご紹介をさせていただきます。

先日お客様からのご要望により、この体験が生まれたのですが、ハンコの本体を自分で作るところからする、オリジナルハンコ体験です。

ハンコ本体は、吹きガラス体験のコップ作りと同じで、色は自分の好きに選んでいただきます。
トロトロに溶けたガラスの形を整え、手で握れる大きさにします。
今回のお客様は色をマーブルにしたものを中に閉じ込めて、くびれを付けて3段の団子にしました。

後日、再度来ていただき、今度は印面のデザインを決めました。
印面デザインのマスキングシートを露光している間に、ハンコ本体へ模様をリューターで彫り入れます。
お客様はハンコにお顔を彫っていきました。
 
マスキングシートが出来たら、ハンコの印面に丁寧に貼ります。そしてしっかり押さえます。 
これで作業は終了です。あとは砂を当てますので、楽しみに待っていてください。
彫り込み完了後、いよいよ捺印です!
さあお客様のハンコの出来上がりです。少し見えずらいですが、ハンコの表面にお顔が彫ってあります。
そして試し押し!
とてもかわいいイラストのハンコですね~。
おんなのこの頭へ言葉を書き入れられる、可愛くて便利に使えるハンコなんですね。
なかなかいいアイデアですね。「しおり」も作りましたよ。
 

一緒に作られた彼のハンコは雪だるまです。ハンコ本体も雪だるまのイメージで作られました。
愛嬌がありますね~!こちらも雪だるまの中へメッセージが入りますね。いいですね!
 
なかなか楽しい体験でしたよ。お客様も大満足でした。
ちなみにスペシャルハンコ作り体験の料金は、1人6,800円です。
吹きガラス(3,500円)、大きめハンコ作り(4,000円)の2つとほぼ同じ過程で作業していただきます。
ハンコ本体はご自身で作られたものを使用して印面を作るのと、2回工房へ来ていただくので、6,800円とさせていただきました。

さらにお2人ペアでの制作の場合は1人6,000円と更にお得に致しました。
お友達同志やカップル&ご家族でぜひ体験してください。

本体と印面を関連づけたハンコが作れます。
自分の好きな色を選んでハンコが作れます。

2回工房へ来ていただく事についてですが、お客様のスケジュールの都合で「2回目の来店は何週間も先になってしまう」でも全然大丈夫です。
ハンコワークショップ、ご予約はお電話ください➡090-5617-5491

楽しいですよ!

色々なコップまたまたご紹介します

続々と新しいグラスが作られていきます。みなさんのグラスを順番にご紹介していっていますが、ちょっと追いつかなくなってきました。ごめんなさい。でもお見せして参ります。

先週お越しいただいたご家族のグラスをご紹介します。
この4つのグラスはだいぶ大きさが違いますね。それに色付けもそれぞれ違います。
自由に自分らしく作っていただけて嬉しいです。

 

左の色が前面に発色した黄色いグラスは7歳のちびっ子作です。トップバッターで堂々と吹いてくれました。
なかなか度胸があります。グラスも彼らしさが出ています。

右のルビーレッドと淡いピンクの水玉模様のグラスはお兄ちゃん作です。弟の制作をじっと見ていて、工程を把握して取り掛かっていました。初めてなのにとっても薄めのコップを作りましたよ。お母さんが「お母さん用にそのグラスを欲しい」と言ってしまう程、可愛い色合いのコップが出来ました。
 

さて次は、ビッグボウルです。お父さん作です。

フォルムはまさに抹茶茶碗ですね。焼き戻し炉の入口ギリギリの大きさでしたよ。
そうめん用の鉢にしたり、かき氷を入れる器にしてもいいですね~!!大きい器なので、食べ過ぎ注意です。

そして最後はおじいちゃんへのプレゼント用グラスです。兄弟で作りました。
お兄ちゃんが、吹いて形を整えて底まで作り、弟くんが口を広げました。とっても綺麗な形に仕上がりましたね。
協力して作ったグラス、きっと喜んでもらえるでしょうね!

 

そして、もうひと組のお客様の制作したグラスをご紹介します。
お若いカップル作のグラスです。ビタミンカラーのマーブルですね。

選んだ色はそれぞれ違いますが、とっても雰囲気が似ているグラスです。
素敵なペアグラスが出来ました。

お二人の優しい感じが表現されているグラス、今頃、乾杯しているでしょうか?

 

ご家族&カップルのみなさま、自分で作ったマイグラス、ぜひ毎日楽しく使ってくださいね。

 

色々なコップ出来ました②(黒化現象)

ちょうど先週、サンドブラスト体験と併せて吹きガラス体験をされたグループのみなさんのグラスをご紹介します。

トップバッターは赤とシアンブルーの色が、水に溶け出す絵の具のような綺麗なマーブル模様のグラスです。
金魚が泳いでいるみたいと、仲間の方がおっしゃっていました。
  

次は、大胆な色の組み合わせが存在感を出している、そうめん鉢になりそうな大きさの水玉模様の器です。
泡と色の流れが力強い動きを感じられますね。
 

3番目は「レモン色、シアンブルー、桃色、赤」の色つぶと泡をふんだんに入れたグラスです。
付けた色がそのままで発色すると思ったら、混ざりあって全体的に茶色のグラスに出来上がってしまいました。
これは「色の黒化」といって、ガラスの色を発色させている鉱物が、色が重なりあったところで鉱物同志の化学反応が起こり、黒ずんでしまう現象です。
 
ただ、付ける色を3色位までにして、黒化する色の量をたくさん付けすぎなければ、全体的に茶色になるのは防げます。
このグラスは面白い色の変化が出ているので悪くはないのですが、今回は贈り物用に制作されたものなので、再度作り直しをしていただきました。

再挑戦は、水色と白と桃色の3色で爽やかなグラスに仕上げられました。
2回目の製作なので、本当に上手に思い通りの形に作っていただけました。
このグラスをプレゼントに受け取る方は、きっと気に入ると思います。

こちらは2回目の挑戦に一緒にみえたお客様の体験グラスです。
ルビーレッドがアクセントの淡い可愛いらしい色合いのグラスです。
奥さまにプレゼントするのかな?でも自分用でしたかね?

 

ガラスの色は製作中は高温の為、全体的にオレンジ色ではっきりは分かりません。
翌日しっかり冷めてから確認できます。どんな色合いなのか、出来上がりまで分からないところが、ドキドキワクワクでもあります。
Tickleglassでは色は何色でも付けることが可能ですが、少し注意も必要です。ちょっと控え目がおススメです。
色を並べる時、分からないことは聞いてください。
自分だけの色合いの、オリジナルグラスを作ってみませんか?

色々なコップ、出来ました

Tickleglass では新色が増えました。

最近体験で作られたコップご紹介をします。
面白い色合いが続々と登場しています。

不透明の一部の色は、ガスの多い炎の中で温めると色が還元して、ギラッっと光沢を放ちます。

こちらのお客様のコップは「カフェオレ」という色を表面に付けて作りました。
表面はゴールド色で内側はカフェオレ色です。1色付けですがゴージャスです。

ゴージャスコップのお客様とご一緒のファミリーの作られた作品です。
泡がいっぱいで涼し気なグラスやお口が三角な可愛いグラス、ピンクと黄色がアクセントのボウルも素敵ですね。色々な形で個性が出ています。
 

 

さて、こちらのファミリーは、新色のブルーやグリーンを使ってさわやかな色合いのグラスを作りました。
マーブル模様や水玉模様、ちょっとずつ違うけれど、同系色で統一感がありますね。食卓でも調和しそうです。

 

そしてこちらのグラスは、小さい方は奥さま作の可愛らしいサイズのグラスです。女性の手で持ちやすい大きさと形です。優しいマーブル模様です。
大きい方はご主人作です。奥さまの義父さまへの「父の日ギフト」としてがんばって制作されました。
ただ単に大きく作った訳ではありません。「6㎝の丸い氷が入れられるサイズ」を目標に大きく吹きました。
「義父さまに大好きなハイボールをこのグラスで呑んでいただきたい!」という気持ちが入っています。


お義父さんはきっと喜んでくれると思います。いいグラスが出来ましたね。
手作りの贈り物、毎日使えるグラスを自分で作ってプレゼントするのは素敵なことです。
吹きガラス体験で、オリジナルギフトを作ってみるのもいいですね。

 

 

 

サンドブラストのお皿

昨日のサンドブラスト体験のお客様のお皿が出来上がりました。ぜひご紹介させていただきます。
お客様が文字をカッティングしたお皿です。

砂を当てました。こちらが出来上がりです。
 
すりガラスの文字がしっかり入っていますね。上下にローマ字の名前がデザインされて入っています。

もうひとつのお皿はこちらです。少しデザインが違います。森の木々が表現されています。
 

2枚並べるとこんな感じです。それぞれいい味が出ているお皿ですね。

マスキングシートの文字をカットするのは大変ですが、オリジナルデザインが入ったお皿は唯一無二のものです。楽しい思い出の詰まった素敵なお皿ですね。

すりガラス模様を入れる「サンドブラスト体験」も面白いですよ。ぜひご興味のある方は挑戦してくださいね。

備長炭

今日は、吹きガラス体験のお客様がたくさんお越しくださいました。
その中でも吹きガラスとサンドブラストの体験をされたお客様をご紹介します。

こちらのお揃いのTシャツを着たお兄さま方、その名も「VINCHOTAN(備長炭)」。
みなさん仕事はそれぞれ違うけれど、大好きなアウトドアのチームを結成し、もう10年経つそうです。
チームのマークをデザインしたTシャツを着て、仲間との楽しい時間を共有する為にとことん徹底しているところが凄いなぁと感心してしまいました。
今日来ていただいたのは、お仲間の方のご結婚祝いを手作りのものでプレゼントしよう!と吹きガラスでコップ、サンドブラストでお皿をせっせと制作されました。制作過程は、ムービーで撮影です。

 

何をお皿にデザインしてカットしているかと言うと。

ジャーン!「VINCHOTAN」

もう一つのお皿には、ご結婚されるお二人のお名前を入れてあります。
しかも2枚ともお皿の内側から文字が見えるように文字を反転させてカットしています。
なかなか根気のいる難しい作業ですね。丁寧に文字がカットされています。
 

頑張ってマスキング完成しました。頑張りました!!いい笑顔です、パチリ!

VINCHOTANのみなさま、ダブルでガラス体験、お疲れさまでした。とってもいいのが出来ましたね。
お仲間のご結婚されるかたも、きっと感動してしまうでしょう。

吹きガラスのコップとサンドブラストのお皿の完成、明日のブログでご紹介します。
どうそ楽しみにしていてください。

お名前のハンコが出来ました

先日ハンコ作り体験へお越しいただいたお客様のハンコをご紹介します。

親子のお二人です。よくお二人でいろいろな体験をしに各地へお出掛けされるそうです。
おしゃべりしながらサクサク作業をされて、自分で作るという事を、とても楽しんでおられました。

お嬢様はピアノの絵とお名前をローマ字で入れました。

お母さまは2つ選んで

1つは名前を小さいハンコに彫りました。もう1つは花の模様とお名前です。
 
2本作られて、用途に合わせて使い分けるとより楽しいですね。
みなさんそれぞれの素敵なハンコが出来上がって、これからお家でわくわくしながら押す様子を想像するだけで、とても嬉しくなります。

ぜひ1本自分用のハンコ、作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ライト兄弟 丸男と大丸

今日は、かねてからご注文をいただいていたお客様のお宅へ、ランプシェードを納品しました。
白を基調にされたダイニングへ吊るすランプシェードということで、相談しながら色を決め、「模様はドット」という事で、あとのデザインなどはこちらにお任せいただき制作しました。

2つ製作し、お好みの方を納品することにしました。2つのシェードは兄弟です。
同じ色ですが、模様も頭の形も違います。
兄の丸男は帽子を被ってドットは細かくたくさんあります。几帳面な性格です。
弟の大丸は大きいドットが優しい性格を表しています。

選ばれたのは大丸でした。

エレファントグレイの柔らかな灰色をまとって、お部屋の中心にいます。玄関から廊下を通ってリビングへ入ると、いつでも彼が笑顔で出迎えてくれます。

なかなかお部屋に似合っています。
家族が集う場所に居られて幸せですね。

点けるとこんな感じです。

さて、残った兄貴は、工房に飾りました。

彼の笑顔に癒されます。

 
工房に来てくれたお客様を笑顔でお出迎えします。どうぞみなさま、よろしくお願いします(丸男)。