3種類の体験の作品をご紹介します

日曜日は「吹きガラス」と「ハンコ作り」と「サンドブラスト」の体験のお客様がみえました。
それぞれの作品をご紹介します。

まず最初は7歳の女の子がハンコ作りと吹きガラス体験にチャレンジされました。

お名前とお花模様の入ったハンコを作られた後、吹きガラスに挑戦です。
体験を続けてやるなんて、なかなかの集中力です。
吹きガラスは竿から息を吹き入れるのが難しいのですが、自分の力で上手に入れられました。
コップはおんなの子の小さい手に収まる持ちやすいサイズになりました。可愛いコップです。

 

次は、元気いっぱいの若い3人組のお客様です。吹きガラス体験をされました。 

最初にチャレンジされたお兄さんは、色つぶをあらかじめ色々な色を混ぜて並べていました。
こういう並べ方のお客様は初めてでした。発想が面白いです。
そしてこちらが完成グラスです。大胆なマーブル模様が入りました。存在感のあるグラスです。

次は彼女さん作のオレンジ・黄色と桃色がコップの底に入ったグラスです。
女性らしい優しいマーブル模様ですね。とても使いやすい形と大きさです。

次は「ブルー系の色合いで一輪挿しを作りたい!」と目標が明確なお姉さん作のグラスです。
途中でくぼみを付けました。綺麗な青マーブル模様が入った一輪挿しになりましたね。

 

そしてラストはサンドブラスト体験のグラスです。

旅の途中で体験に来ていただいたカップル作です。
彼氏さんは、大好きな野球をテーマに模様を描きました。
彼女さんは、花火をイメージして作られました。
模様をカットして貼り付ける作業は、ことのほか細かくて大変ですが、砂を吹き付けた後、マスキングシートを剥がす瞬間に疲れが飛んでしまいます。お二人も出来栄えにうっとりされていました。

 

ホットワークの吹きガラスも、コールドワークのサンドブラストもどちらも自分だけのオリジナルグラスが作れます。お好きな方でぜひお作りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。