12月15日の体験グラスをご紹介します

12月15日は風が冷たい冬日でした。工房内は窯の熱で温かくて制作しやすかったです。
素敵な作品が出来上がりました。ご紹介します。

 

最初は員弁郡東員町よりお越しの親子のお客様です。
お母さまはピンク色と水色の水玉模様にしました。
小学4年生の男の子は好きな色を少しずつ入れてマーブル模様に挑戦です。

 

出来上がりはこちらです。
お母さんは口の広がった丸めのグラスを作りました。上下に青系とピンク赤系が入って素敵なグラスガ出来上がりました。
男の子は細長ストレートグラスです。泡を真ん中に入れました。
オレンジと黄色が口元に留まって付いて大変レアな模様のグラスになりましたね。

  

男の子は箸置きも作りました。

   
出来上がりはこちらです。
青系マーブルと緑とブラックのマーブル。青と赤の細めマーブル箸置きです。
なかなか素敵な箸置きが完成です。

   

全部並べるとこんな感じです。
力作完成です。

 

 

 

お次は南知多より旅の途中でお立ち寄りいただいたお客様です。

彼は赤やオレンジ、黄色を並べたマーブル模様に。
彼女さんは白と黄色、アベンチュリングリーンを1粒入れたマーブル模様に挑戦です。

 

出来上がりはこちらです。
彼はお尻が丸い口真っすぐグラスを作りました。
赤の渦がグクランが中央に入って面白いマーブル模様に仕上がりました。
彼女さんは口の広がった丸めのグラスです。アベンチュリングリーンの1粒が大胆に広がって少し黄色と重なって茶色になった部分もありますが、緑と黄色の間に茶色が入っていい味わいになっています。
どちらもいいグラスに出来上がりました。

  

 

 

 

お次は春日井市よりお越しの親子のお客様です。

小学4年生の男の子は青系マーブル模様に。色をたくさん並べました。
お父さんも色をたくさん並べて、赤~オレンジ~黄色のグラデーションにしました。

 

出来上がりはこちらです。
男の子は背の高めのグラスを作りました。
青のグラデーションに若草の黄緑が入って爽やかなグラスになりました。泡も少し入っていい感じです。
お父さんは大きめグラスになりました。赤から黄色まで順番にトーンが変化した情熱的なグラスですね。

  

親子でカップルで、グラス製作を楽しんでいただき、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。