日曜日のグラスとハンコをご紹介します

日曜日は暑い中、吹きガラス体験に挑戦されるお客様とハンコ作りのお客様がおみえになりました。
作品をご紹介します。

 

最初は小学校3年生の女の子が色とりどりのマーブル模様を入れたボウルを制作しました。
吹き竿に息を入れるのは、大人でも難しいのに、彼女は1回で膨らませました。なかなかやります!
綺麗な形に仕上がりました。
ぜひアイスクリームなど冷たいデザートを入れておいしく楽しく使って欲しいです。  

次は、名古屋から爽やかなカップルが来てくださいました。
なんと電車を使ってローカル線のJR太多線の姫駅より、田畑の道を歩いてお越しになりました。
暑い野外を歩きそして暑い工房内での製作をしようという、とても体力と気力のあるカップルです。  
彼女はルビーレッドの濃いピンク色メインのマーブル模様を入れたグラスを制作されました。
彼は赤と緑のマーブル模様の大きめのボウルです。これで麦茶を飲まれると言っていました。たっぷり入りますね。グラスが届いたらぜひ2人で乾杯してください。

 

次は、10歳と6歳の姉妹が吹きガラスにチャレンジしました。
お姉ちゃんが最初に作りました。丸いフォルムの水色マーブル模様のグラス、可愛らしく出来上がりましたね。
落ち着いて息を入れるのもとっても上手に出来ましたよ。
妹さんは、息を入れるのに少し苦戦しながらも、「自分でやりたい」と最後まで頑張って作りました。
元気な彼女らしい、オレンジと黄色のマーブル模様グラスが完成しましたね。
  

 

最後は1年前にお友達とハンコ作りに来てくださった若者が、今度はカップルで来てくださいました。
今回は細めハンコ作りをされました。
彼は、親戚のお子様へのプレゼントとして、イニシャルと可愛いお顔のイラストの入ったハンコを作りましたよ。
彼女は、お名前のイニシャルを1文字、素敵にデザインして自分のマークを彫り入れました。  
使えるハンコとして活躍しそうですね。手作りで作るハンコ、楽しんでいただけましたでしょうか?
また機会があれば、ぜひ作りにきてくださいね。

皆様暑い中、ありがとうごさいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。