GEN観て来ました

9月21日は瀬戸市美術館で開催中のGEN(Glass Education Net)ガラス教育機関の職員と在学生の作品展を観覧してきました。

1998年世界のガラス作家の集まりであるGAS(Glass Art Society)の年会総会が日本で初めて瀬戸で開催され、そのGAS会議において日本国内のガラス教育機関を世界に紹介するためにGENが組織され、以降毎年日本のガラス教育機関の現在の表現を紹介されています。

毎年東京での開催ですが、今回は瀬戸でのGAS会議20年目の節目なので、瀬戸で作品が観られました。

会期は9月24日まで。あと3日で終了です。ご興味のある方は、ぜひご観覧ください。

 

  
なんと珍しく撮影OKでした。
たくさんパチパチ写真を撮ってきました。

これ、ガラスなの?どうやって作ったの?と思う作品がたくさんあります。ぜひご覧ください。

                         

                 

画像ではサイズ感が伝わりにくいのが残念ですが、どれも大きな作品ばかりです。
教育機関では個人では持てない設備の中で、表現や技術を磨けるので、面白い作品がたくさん生まれます。

普段製作することのないガラスをたくさん観る事が出来ました。
自分の想いを作品に込め、形にできることの素晴らしさを感じました。

会期に間に合ったらぜひ実物をみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。